Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/goroniisan/goronyi.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
「介護士の単発・スポットでの副業&Wワーク」おすすめ求人サイト3選 | | ごろにぃ@介護の世界をMARUHADAKA
労働条件

「介護士の単発・スポットでの副業&Wワーク」おすすめ求人サイト3選

こんにちは、ごろにぃ(@goronyi_kaigo)です。

私は、新卒からこれまで約15年の間に「介護現場」→「現場管理職」→「転職コンサル」と経験を重ね、現在は介護コンサル会社に所属しながら、介護士として現場のお手伝いもさせていただいています。

このブログでは、そんな私自身の経験や考えについて、個人的な見解として発信させていただいています。

ちなみにそんな元転職コンサルでもある私、ごろにぃがオススメしている転職サイト(エージェント)が、しろくま介護ナビです。

「ホワイトな介護現場の求人のみをピックアップする」をテーマに「しろくま」と命名され、新聞にも取り上げられる程の転職サイトです。

ブラックと言われる介護業界に一石を投じるサポート方法で、私自身も自信をもってご紹介しています。ぜひご参考に。

1分で登録完了!しろくま介護ナビに無料登録

 

それでは早速本題です。

国の働き方改革も後押しして、「副業する人」「副業解禁する法人」が増加傾向にある昨今。

異業種にと比べ浸透度は低いものの、その流れは確実に介護業界にも押し寄せてきています。

そして「収入をアップしたい」「生活に余裕を持ちたい」と考えた時に、副業が有効なのは間違いありません。

今回は、そうした「収入を上げたい介護士」の方に向けて、介護士だからこそできる「介護士の単発・スポット」という副業・働き方について、紹介してみたいと思います。

 

単発(派遣)・スポット・日雇いという働き方がオススメな理由

まず、介護士が副業を考える際に「単発」という副業・働き方がなぜオススメなのか?について説明していきたいと思います。

①単発なら「空いた時間に月1日~、1時間~でOK」

単発の一番のメリットは、やはり「時間に融通が効き、効率的かつ気軽に始められる」という所です。

「本業のちょっとした休みの日に」「給与予定があいた時に」そんな感じで「月1日~」「1日1時間~」小さな時間から効率的スタートし、収入を得ることができる事が魅力的です。

ちなみにに副業と言えば、「せどり」「YouTube」etcが昨今の流行りす。

もちろんこうしたものは成功すれば、時間単価で働く単発以上に効率的な収入源となり得ます。

ただし、裏を返せば、「成功しなければ…」「成功するまでは…」費やした時間が対価として得られず、リスクでしかありません。

このあたりは「時間に対して報酬を得る労働者思考」か「成果に対して報酬を得る経営者思考」かという事になります。

少なくとも確実に働いた時間、費やした時間に対して対価を得たいという事であれば、時給制でもある単発がオススメです。

②単発なら「時給が高めに設定されている」

また単発の魅力としては、「時給の高さ」にもあります。

もちろん仕事にもよりますが、基本的に一般的なパート時給と比較して、単発であれば10%〜20%は時給が上乗せされます。

言うまでもなく労働時間で対価を得る単発の場合、多くは「時給✕労働時間」というシンプルな収入計算式です。

副業をして収入を上げると考えた場合に、少しでも高い時給で効率的に稼げた方が良いのは言うまでもありません。

③単発なら「1度きりと割切った仕事ができる」

また単発のメリットとして、万が一仕事先で人間関係や仕事内容が合わなかったとして、1度きりだと割り切って働ける事も大きなポイントです。

もちろん初めて行った単発先が自分にフィットして、同じ職場や仕事内容で継続的に単発でお世話になるのもOKです。

その一方で「思ったより仕事内容が大変だった」「一緒に働く人と合わなかった」そんなこともゼロではありません。

でも単発であれば、嫌なら次は別の仕事・別のところで働けば良いだけで、常用雇用のように次はありません。

割切って働く上で、この1度きりでOKというのは働くストレスを大きく軽減してくれます。

 

なぜ「介護士の」単発・スポットがオススメなのか?

ここまで「単発」という働き方・副業についての触れてきましたが、その中でも介護士の方にはやはり「介護士としての単発がオススメ」です。

「本業でも介護で介護、副業でも介護はちょっと…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、私があえて「副業・単発としても介護士」をオススメする理由についても紹介しておきます。

①介護士の単発なら「自分のスキルがそのまま活かせる」

まず介護士に介護の単発がオススメな理由は、シンプルに本業の経験がそのまま活かせるという事になります。

「好奇心高く別の業種にチャレンジしたい」という方であれば別ですが、副業やWワークを考える方の主の目的は「収入のアップ」。

それであれば、できるだけハードルが低く、自分自身の勝手知ったる仕事をする方が精神的にも楽ですし、自信を持ってスタートする事ができます。

②介護士の単発なら「時給と仕事量が安定している」

また介護士の単発は、時給や求人数が安定していることもメリットになります。

介護士の仕事は専門職だけに、短髪で誰でもすぐにというわけにはなかなかいきません。

そうした意味では、工場やイベント設営等のように単発でも比較的ハードルの低い仕事に比べて、単発としての敷居が高く、同時に介護需要が拡大する過程で、介護士不足の継続は疑いようのない事実です。

こうした背景が、介護士の単発としての時給の安定と仕事量の安定にも繋がってきます。

単発である以上、時給は大事ですし、何より求人数が安定しているというのは予定に合わせて働きたい時に働けるというメリットになります。

③介護士の単発なら「本業のスキルアップ・経験値アップに繋がる」

また副業として単発でいろいろな介護事業所で働くことが、自身のスキルアップに繋がることも少なくありません。

介護職としてスキルや経験を磨くのであれば、1事業所での長期的な経験のみならず、複数の介護現場の経験や環境理解がプラスに働く事が少なくありません。

私自身も現場で働きながら夜勤の単発等の仕事をしていた事がありますが、特に経験が浅い頃は、事業所毎の対応や環境の違いに驚かされつつ、非常に勉強になりました。

副業として、単発で働いて収入を確保しながら、スキルアップまでできればこの上無しです。

介護士の副業・単発にチャレンジする事で、結果的に本業の給与が上がるなんてことも夢物語ではありません。

【介護士向け】単発・スポットのおすすめ求人サイト3選

ではいざ単発の仕事をしようと思っても、どのように求人を探すのかというところも大事なポイントです。

最後に介護士の単発求人ならこのサイト!といオススメ求人サイトについて、ご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

①介護士の単発なら「MC‐介護のお仕事」が最もオススメ

まず、介護系の単発求人の王道と言えば、メディカル・コンシェルジュの運営する「MC-介護のお仕事」が最もオススメとなります。

「MC‐介護のお仕事」がオススメの理由は、とにかく単発サイトが使いやすく、タイムリニーに求人情報が確認できるというところになります。

以下、サイトイメージです

転職も扱う「MC‐介護のお仕事」ですが、以下のように単発専門ページが設けられており、様々な施設形態から求人を探す事が可能です。

また以下のように自分の「働き方」や「働きたい日時」に合わせてピンポイントで仕事検索する事が可能です
また常に5,000件前後の単発求人がタイムリーに掲載されており、単発求人の多さも業界最大水準です。

ちなみに以下が、仕事検索の結果です。
全国各地の求人が掲載されており、応募するのボタンをクリックするだけでOKです。

(公式)MC-介護のお仕事のオススメポイント

  1. サイト内に常に単発の求人情報が開示されており、自分の都合に合わせて仕事の有無がスグに確認可能
  2. 当然1日1時間~仕事を受ける事ができ、求人も全国的に幅広く取り揃えられています
  3. 施設系の求人も多く扱っており、土日や夜勤等の働き方に合わせて柔軟な求人探しができます
  4. 単発だけでなく、転職相談にのってもらう事も可能で、希望によっては単発で勤務した先での正社員雇用も相談可能♪

 

②訪問介護の単発に特化なら「クラウドケア」がオススメ

また単発の中でも新たな職場に飛び込むというよりも、個人で訪問介護に従事する方が気持ち的に楽だという方には、「クラウドケア」がオススメです。

(公式)クラウドケアのオススメポイント

  1. 身体介護のみならず、生活支援を主とした単発の仕事もたくさん取り扱いがあり、安心してスタートができる
  2. MC-介護のお仕事と同様に1日1時間~仕事を受ける事ができる
  3. 時給も1,500円~2,000円が相場となっており、短時間にしっかり収入を確保できる

公式ページ

 

③スキルシェアなら「スケッター」もおすすめ

また単純に稼ぐという観点だけでなく、スキルを共有しながら「楽しむ」「コミュニティを作る」という方にとっては、「スケッター」もオススメです。

介護士のみならず、介護施設の中での介護業務以外で活躍できるスキルシェアし合う事ができるマッチングサービスがこのスケッターです。

(公式)スケッターのオススメポイント

  1. 「稼ぐ」という観点だけでなく、コミュニティも発達しており「楽しむ」「経験する」という価値観の高い人にはオススメ
  2. 単純な介護業務ばかりではなく、介護施設におけるレクリエーションに特化した仕事等、介護周辺業務の仕事も多く、変わり種を探したい方にはオススメ
当ブログは「ブログ村ランキング」に参加しています。 「この記事が参考になった」「応援して下さる」という方は、こちらをクリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ