Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/goroniisan/goronyi.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
【介護川柳ランキング】あなたはいくつ共感できますか? | | ごろにぃ@介護の世界をMARUHADAKA
あるある

【介護川柳ランキング】あなたはいくつ共感できますか?

現場にいると本当に様々な事が起こる介護業界。

紳士に真面目に利用者さんや同僚と向き合う事も大事な反面、時には面白おかしく受け止める事も大事だと思っています。

もしろそれくらの余裕を持ちながらでないとできない仕事だと言えるのではないでしょうか。

そうした砕けた目的も踏まえ、仕事で使用する為にTwitterで「介護川柳」を募集させていただきました。

せっかくいただいた介護川柳をこのブログでもご紹介させていただきたいと思います。

介護川柳「いいね」ランキングトップ3

第1位
「数分後 進んだ話が 始めから」 
第2位

「ピンポーン 急いで行ったら 何か用?」

第3位
「ごはんです 食べた直後に まだごはん⁇」

第3位
「昼傾眠 夜はトイレに 五分おき」

 

いかがでしょうか、トップ3はいずれもやはり利用者さんの様子をイメージした内容ですね。

現在、介護現場で勤務されている方であれば、この川柳を見て具体的な利用者さんの顔が思い浮かぶのではないでしょうか?

解説コメントを付け足させていただくまでもないですね。

介護川柳「Twitter投稿」作品

「引き換えに 頑張る言葉 謝意敬意」

「認知症 輝く人生 これからも」

「人生の 先輩たちに リスペクト」

「袋ない? あぁ始まった 家帰る」

「刻み食 右腕だけが 鍛えられ」

「介護職 サービス業だと 自己暗示」

「旺盛の 意を杖にして ひたあるく」

「プレゼント 手のひらう○こ 乗せられる」

「これいいね! 休み明けには 変わってる」

「夜勤中 ドアを開けたら 立っていた」

「トイレ行く 5分が経過 またトイレ」

「夜勤明け 寝ようとすると コール音…」

「その傷は? 真犯人は あなたです」

「怒ったこと 忘れるあなた 憎めない」

「ありがとう この言葉が 唯一の癒やし」

「どんなときも 笑顔をみると 元気が出る」

「美人だね! 利用者様しか 言ってくれない」

「風呂いやだ! 入りましょうよ 風呂まだか?」

「不意打ちに 利用者様が 忍び寄る」

「昼傾眠 夜は トイレに 五分おき」

「ごはんです 食べた直後に まだごはん⁇」

「コール音 テレビか?現場か? 耳鳴りだ」

「リモコンと 押しているのは コールです」

「真っ白に 輝く髪が いちばん素敵」

「徘徊が 頻繁すぎて 疲れたよ」

「貴金属 盗まれたのよ あの人に」

「もののけが すんでいるよな 夜勤中」

「わからない 何がわからない? わからない…」

「便当たる 運が良いよと 褒められる」

「ありがとう いえ、こちらこそ ありがとう」

「戻りたい だけどやっぱり 戻れない」

「ありがとう 笑顔と言葉 頑張れる」

「要介護 施設にそんなの 関係ない」

「伝えたい でも難しい 認知症」

「昼間寝て 夜は元気に パトロール」

「面会なし それでも家族を 愛してる」

「怪我暴言 被害者むしろ 職員です」

「分からない??  利用者状態変化  認めない職員」

「好きなもの 食べられるなら 食べさせたい」

「ありがとう 忘れず残った その言葉」

「帰りたい 泊まっていってと ごまかして」

「数分後 トイレ行きたい!  何回目?」

「移乗中 腰を痛め コルセット」

「介護職 家では自分が 寝たきりに」

「ケアマネに なってはみたが 手当減り」

「ばあさんや! 職員を見て 言う言葉」

「ショートステイ 早く帰れば いいのにな」

「お姉さん 用はないけど 呼んだだけ」

「これやって でもこれやるの 看護だろ?」

「どうしたの ごはんのときだけ ねむりひめ」

「ちょっと来て 呼び止められたが 時間外」

最後に

まず、今回Twitter上で介護川柳にご協力いただいた方には、改めて感謝申し上げます。

川柳については、「あるある」と頷きながらご覧いただけたのではないでしょうか?

日々業務に追われ、利用者さんに振り回され、同僚に振り回されとついつい感情的になることが多くなる介護現場。

だからこそ、たまには肩の力を抜いて業務に向き合う事が大事だと思います。

せっかくの介護現場、少しでも楽しく向き合う発想は大事ですね。

 

 

【おまけ】
最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログは「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。

この記事を読んでいただいて、「読んで良かった」「まぁ悪くないな」と思っていただいた方は、ぜひ「ポチッ」とクリックをお願いします。
私のランキングポイントが加算され、私のモチベーションに繋がります。
ぜひ、ご協力お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

にほんブログ村

当ブログは「ブログ村ランキング」に参加しています。 「この記事が参考になった」「応援して下さる」という方は、こちらをクリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ