現場リアル

介護士は「利用者さんに嫌われても仕方ない」と割り切るべき

こんにちは「介護コンサルをしながら、現役介護士を両立」がモットーのごろにぃ(@goronyi_kaigo)です。

【ごろにぃのプロフィール】はこちら

介護現場で働いていると様々な利用者さんに遭遇します。

  • どうしても相性の合わない利用者さん
  • 明らかに自分を嫌っている利用者さん

そしてその度に「自分の何がいけないんだろう?」「どうすれば良好な関係が築けるだろう?」と考え、悩んだ経験のある介護士さんも多くいるかと思います。

「どうせなら利用者さん全員と良い関係を築きたい」
そう考えるのは、ある種自然な事だと思います。

ただしその時に「利用者さんとの良好な関係」に気を遣い過ぎて、介護士自身が自分を追い込む結果になる事も少なくありません。
だからこそ時には、「嫌われても仕方ない」と割り切るべきだと私は考えています。

今回はこうした「利用者さんに嫌われても仕方ない」と割り切るべき理由について記事にしていきたいと思います。

介護士が利用者さんとの関係構築で「悩みがち」な例

まず初めに、介護現場で起きがちな「介護士」と「利用者」の関係性について例を挙げていきたいと思います。

  • 自分声掛けにだけ反応してくれない利用者さん
  • 「あなたは嫌」と露骨に嫌う利用者さん
  • 心あたりもないのに「悪口」ばかり言う利用者さん

このように「何で自分だけ?」「自分の何が悪いの?」と頭を抱えさせられる事も少なくありません。

私自身も介護士を初めたばかりの頃、特定の男性利用者さんから全く相手にしてもらえず、毎日悩んでいた頃があります。
周囲の上司や先輩からは「気にする事はない」と励まされながらも、なかなか割り切れなかった記憶があります。

今では、良くも悪くも割り切りが得意になりましたが(苦笑

 

「介護士」と「利用者」も所詮は「人」と「人」

「嫌われても仕方ないと割り切るのはサービス業である介護士としてどうなのか?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

ただし「利用者」と「介護士」であっても、あくまで「人」と「人」であり、「相性」や「好き・嫌い」は、一定防ぎようのないものです。

だからこそ、介護士側から見ても、利用者さん側から見ても「好き・嫌い」「得意・不意得意」の感情が芽生える事は必然とも言えまず。

しかしながら多くの介護現場では、この人と人の関係性の問題を「介護士としてのスキル」と一括りに判断してしまいがちです。
実際「利用者さんと関係構築する」ということも介護士として大事な仕事の一つです。
ただし、この大前提の「人」と「人」という相性をを度外視した、考え方には些か疑問を感じます。

 

「悩み過ぎ」が仕事への支障となる事も少なくない

そしてこの大前提の「人」と「人」であるという事を受け入れられずに、利用者さんとの関係構築について「自責の念」が強すぎる介護士が少なからず存在します。

冒頭に私の経験も書いたように「なぜ」「どうすれば」と利用者さんとの関係構築について悩み過ぎてしまい、仕事が手につかなくなる事も少なくありません。

その結果、

  • 自分の心身を追い込み身体を壊す
  • 他の利用者さんへのサービスに支障をきたす

こうした事に繋がりかねません。

実際、このように悩んでもなかなか解決しない問題に対して「なぜだろう」と自責の念に駆られ体調を崩す、介護から離れる、というような介護士さんを多く見てきました。

こうなる前に割り切る事は非常に大事です。

「増加する介護現場のうつ病」その背景と対策こんにちは、ごろにぃ(@goronyi_kaigo)です。 ストレス社会と言わる世の中。 それは介護の世界でも同様です。 ...

 

最後に、介護士としての利用者さんとの関係の割り切り方

いかがでしょうか?
利用者さんとの関係構築がうまくいかない場合に「割り切る」という事の必要性を少しはおわかりいただけたでしょうか?

別に難しい話でも何でもなく、「割り切る」という事は、相手を選ぶ事のできない環境下で人として当たり前ひ必要な判断に過ぎません。

それを「介護士だから」と過度に受け止める事が、悪循環の始まりです。

ただし勘違いしてはいけないのは、対「利用者さん」について介護士側も最低限正しく関係性を作る努力は必要です。

  • 介護士側が「好き・嫌い」で利用者さんへの対応を変えない
  • 当たり前に挨拶や配慮ある声掛けを心がける 等

こうした事は、相手がどうこう以前に介護士として、心がけるべきことだと思います。

割り切る事と手を抜くことは別ですし、逆にこうした所を疎かにすると、結局必要以上に関係を崩壊させる事にもなります。

大事なのはこの辺りの割り切りとバランスだという事だと思います。

もし今、日々の介護現場で利用者さんとの関係構築についてお悩みの方がいれば、本当にそこまで悩むことなのかについて、今一度考えるみるきっかけになれば幸いです。

介護士が「割り切って働く事」と「自己中心的に働く事」とは別ものですこんにちは「介護コンサルをしながら、現役介護士を両立」がモットーのごろにぃ(@goronyi_kaigo)です。 ⇒【ごろにぃのプ...
当ブログは「ブログ村ランキング」に参加しています。 「この記事が参考になった」「応援して下さる」という方は、こちらをクリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
関連記事